インフォメーション

<告知>いっしょにお唱えしませんか〜梅花流詠讃歌〜

掲載日:2018.01.21



梅花流詠讃歌は、鈴と鉦を用いてお唱えする曹洞宗の仏讃歌です。全国で約13万人の方々がお唱えしています。

陽林寺では、お寺での法要の際に積極的にご詠歌をお唱えしています。前秀岳寺別院の頃から、ご詠歌をしていましたが、現在、講員(参加者)が少なく、集まって練習もでなかなか出来ず、とても寂しいのが現状です。

7月14日・15日の晋山結制・新本堂兼納骨堂落慶法要ではご詠歌をお唱えいたします。大変おめでたい法要です。一人でも多くの方にごお唱えしていただきたく、下記日程にて、皆さんと楽しくお唱えができる時間を設けます。

参加費も持ち物も不要です。どなたでもご参加できるように、楽譜も準備しております。正式な習い事・お稽古ではございませんので、来れる時、お好きな時にお越しください。お唱えの練習をした後は、お茶菓子を準備しております。みんなで楽しくをお唱えしませんか。

梅花流詠讃歌の紹介(曹洞宗ホームページ)

梅花流詠讃歌



 

 

下記の日程で執り行います。

1月28日(日) 11時〜正午※午後1時〜大般若祈祷会

2月11日(日) 9時30分〜10時30分

2月25日(日) 9時30分〜10時30分

3月18日(日) 9時30分〜10時30分※11時〜春季彼岸会、釈尊涅槃会

4月8日(日) 9時30分〜10時30分

4月22日(日) 9時30分〜10時30分

5月6日(日) 9時30分〜10時30分※11時〜釈尊降誕会(花まつり)

5月20日(日) 9時30分〜10時30分

6月10日(日) 9時30分〜10時30分

6月24日(日) 9時30分〜10時30分

7月8日(日) 9時30分〜10時30分